趣味としての音楽 1


昔は、音楽を聴くとなるとオーケストラの

演奏がされる会場に出向いて聴いたり

歌手の生声を

会場で聴くといった方法しかありませんでした。

しかし

録音装置や音声の伝達手段が確立してからは

大勢の人が同時に同じ音楽を聴けるようになり

さらに時代が進むとポータブルの音楽装置

たとえばウォークマンなどのようなものが登場し

音楽を聴くという行為は

個人的なもので時間や場所を選ばなくなりました。

その結果として

音楽鑑賞を楽しむことを趣味とする人も急激に増加し

現在に至っています。